研究&開発

私達は、お客様が競争に勝ち残ることができるよう、イノベーションに努めています。同業他社の中でも、アドホックな活動だけではなく、ビジョンを持って研究開発やディープテックに投資している数少ない企業であると自負しています。

データ分析

現在のビジネスは、デフォルトでデータドリブンになりつつあります。この時流に乗るために、あなたのビジネスはこれ以上大きくする必要はありません。当社のデータエキスパートのチームは、お客様のダークデータをカスタマイズ可能なダッシュボードに変換し、実用的な洞察および厳密な意思決定を行うことで、お客様のお役に立ちます。

私達のソリューション

モノのインターネット

ニューノーマル時代になってから、モノのインターネットが組織のデジタルトランスフォーメーションロードマップの中心になりました。過去5年間、当社のIoTソリューションは5社以上の企業で採用され、ビジネス価値と効率性を高めています。

私達のソリューション

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、好むと好まざるとにかかわらず、今後も存在し続けるでしょう。この技術は、ビジネスプロセスの最適化、より大きな信頼の実現、運用コストの削減など、比類のない能力を証明してきました。私達のブロックチェーンコンサルティングとエンドツーエンド開発サービスで、スピードアップを図りましょう。

私達の専門分野

実証済みのプロダクト

私達は実際のビジネスの課題を解決するための完全なソリューションを切り開くことに喜びを感じています。 これまでのところ、当社の製品は、ベトナムとシンガポールの 5 つのスタートアップおよび中小企業のデジタルトランスフォーメーションロードマップに力を与えてきました。
 リアルタイムサポートと豊富なインタラクティブ通信機能を備えた医療チームと患者専用のIoTエンジン。
マネージャーがチームのパフォーマンスを把握し、最小限の工数で改善すべき点を見つけるためのオールインワンプラットフォーム。
リアルタイムの視覚化とアラート機能により、医師と看護師が患者の状態や動きを追跡できるモーション追跡システムです。 多くの業界に適応できるプロダクトです。
OMZONE は、スマートでインタラクティブなボードを利用して、コンセプト作成者とデザイナーに優れたビジュアルコラボレーションツールを提供し、プロジェクトを効率的に処理できます。
高度にカスタマイズ可能なダッシュボードと実用的な洞察を提供するデータクローラーおよび視覚化ツール。

私達は提供しています。

何故、私達と協力するべきか?

個人的なキャリアの進歩や効果的なチーム構造への真剣な献身は、私達の戦略で最も重要な基礎の1つです。

勤勉なチームが優秀な技術と組み合わせ、品質に妥協することなく、市場平均よりも速く提供することを可能にしています。

社内での豊富な専門知識と大企業のシステムでの作業経験のおかげで、採用されたすべての新しいテクノロジーのシームレスな統合性を保証できます。

提供するビジネス環境を分析せずに、技術的なソリューションに飛び込むことはありません。30以上のスタートアップ、中小企業との5年間の経験により、利用可能なリソースで何が最適に機能するかを判断することができます。

ご存知のとおり、ソフトウェア開発費の40〜50%は再調整に費やされます。 私達は、効率的なコミュニケーションと最後まで構築されたソリューションを使用して、これらのオーバーランを削減するように努力しています。

ハイパフォーマンスなチーム

個人的なキャリアの進歩や効果的なチーム構造への真剣な献身は、私達の戦略で最も重要な基礎の1つです。

クラス最高のリードタイム

勤勉なチームが優秀な技術と組み合わせ、品質に妥協することなく、市場平均よりも速く提供することを可能にしています。

完全なシステム統合機能

社内での豊富な専門知識と大企業のシステムでの作業経験のおかげで、採用されたすべての新しいテクノロジーのシームレスな統合性を保証できます。

ビジネス精通

提供するビジネス環境を分析せずに、技術的なソリューションに飛び込むことはありません。30以上のスタートアップ、中小企業との5年間の経験により、利用可能なリソースで何が最適に機能するかを判断することができます。

コスト最適化

ご存知のとおり、ソフトウェア開発費の40〜50%は再調整に費やされます。 私達は、効率的なコミュニケーションと最後まで構築されたソリューションを使用して、これらのオーバーランを削減するように努力しています。

顧客満足の確かな記録

30以上のグローバルクライアントのうち、100%が喜び、50%が次のプロジェクトに進み、30%が長期的なパートナーになりました。

Testimonial

お客様による私達に対する声

次のイノベーションを一緒に起こしませんか?